お肌のメンテナンス!背中ニキビが原因でおしゃれが出来ない女性がやるべき事

日差しも強くなり、いよいよ夏本番の時期になりましたね!

スポンサーリンク

新しい服や水着を買いに行って試着してみると、「ん?背中にニキビが…」

なんてことはありませんか?

冬の間に疎かにしていた見えない部分のお肌のメンテナンスは悩みの種です。

ではどのやって背中ニキビをケアすればいいのか。

 

下着のサイズ、汗や皮脂の汚れを改善する

 

女性は男性と違い、ブラジャーをしていることが原因で背中ニキビが出来てしまうことが多いんです。

その理由のとして下着のサイズが小さいことが原因として挙げられます。

 

小さい下着をつけていると皮膚と下着が強くこすられてしまう可能性がありますので、

自分にあったサイズの下着かどうかをチェックすることが大事です。

もしもサイズが合っていなくて、ニキビの個所が下着の部分の場合は

出来るだけ早く新しいものを購入することをお勧めします。

 

そしてその際、意識して選ぶ重要なポイントとして、化学繊維を使っていない綿の下着を選ようにしましょう。

 

 

 

それから、汗をかいたら必ずすぐに拭くようにしましょう。

 

梅雨時期などのじめっとしたときは汗や皮脂が分泌しやすい為、ニキビができる原因となります。

 

お風呂でよく洗う

 

普段、自分ではきちんと洗っているようでも実はなかなか洗い落とせていない場合があります。

キレイに洗うことを意識することが大事です。

 

 

洗い方としては、ゴシゴシと肌を傷つけるように洗っては逆効果となりますので

無添加の石鹸などを使用して、タオルも綿の肌に優しいものを使うといいです。

 

 

 

 

 

背中の中央は汗が一番流れやすく、少しへこんでいる部分ですので

洗う時も体を少し、前かがみになって背骨を外に出すような体勢で洗うと

スポンサーリンク

キレイに洗えると思います。

 

首の後ろ側の少し下側、肩甲骨と肩甲骨の間の部分は一番洗えていない部分です。

ここも重視しながら洗いましょう。

 

髪の毛が長い女性は特にシャンプーやトリートメントなどがしっかりと洗い流せていない場合には

せっかくキレイにしても、髪の毛が背中に付いてしまうのでしっかり洗い流して

乾かすまでの時間はタオルで巻いておきましょう。

 

症状が治らない場合は

ニキビの原因を対策しても治らない場合や、ひどいニキビの場合は自分で対処することはすすめません。

というより、一刻も早く病院へ行きましょう。

 

自分で出来る範囲ならいいのですが、鏡を見てあまりにもひどい場合は

皮膚科で見てもらいましょう。恥ずかしい気持ちもあるかもしれませんが

同じ気持ちを持った女性たちもたくさんいることを知っていれば

自分だけじゃないと思えるので少しは恥ずかしさもなくなります。

 

まとめ

 

背中ニキビは肌の露出が多くなる時期にはとても気になる

悩みですが、日ごろからきちんとした対策をしていれば

誰でもきれいに直すことが出来るのです。

 

冬場は厚着になるのでついつい意識が薄れてしまいがちですが

キレイな女性を目指すのであればいつでも美を意識しておきましょう。

 

気になるあの人を振り向かせる、きれいな後ろ姿をあなたも手に入れましょう。

 

スポンサーリンク