GWにBBQするなら楽しく食べたい!おススメのBBQ用のお肉とは?

遂にGWに突入しましたね。

スポンサーリンク

 

天気もいいしどこかでBBQでもしたいなぁとか、すでにBBQをすることが決まっている方にも

 

おススメもお肉の選び方をご紹介いたします。

 

みんながあっと驚くお肉とは?

 

食材選びはBBQにとって楽しみでもあり、悩みの種でもあると思います。

どんなお肉を買ったらいいのか?いつも食べてるのでは面白みがないなと感じたりすることありますよね。

 

そんな時におススメのお肉をご紹介いたします。

 

骨付きの肉は見た目も、食べ応えも最高

 

焼肉屋で食べるようなカルビやロースはもちろんいいのですが、せっかくみんなで集まって

楽しむのであればやっぱりこれ!

骨付き肉!!

 

子供が大喜びするような骨付きのお肉を用意すると参加者はきっと驚くでしょう

 

骨付き肉の種類(豚肉)

①豚肩バラスペアリブ

これは一般的に出回っているスペアリブです。

飲食店で出てくる90%がこれです。

 

②豚バラスペアリブ

これは豚のバラ肉の骨の部分をカットしてもらうことで手に入れることが

出来ます。スーパーなどではなく精肉店にいって予約すれば準備してくれるはずです。

 

③豚ローススペアリブ

俗にゆうバックリブというものです。

豚ロースの骨がついてる部分のみをカットして作ります。

残念ですが、国産品でバックリブを手に入れることはかなり困難ですので

スポンサーリンク

卸をやっている業者さんなどに頼むと扱いがあると思います。

 

④豚Tボーン

これは牛肉ではよく見かけるのですが、豚肉でもあります。

こちらもスーパーなどでは購入しにくいので業者さんにお願いしてみましょう。

 

骨付き肉の種類(牛肉)

 

①牛Tボーン

ロース肉とヒレ肉がTの字のようになった骨の両サイドについてます

一度に二種類のお肉が楽しめるのがポイント!

②牛Lボーン

牛のロース肉にL字型の骨がついてるもの

Tボーンよりもサシが入りやすい部分なので柔らかく食べれます。

 

③トマホーク

これは牛リブロースの骨付きです。

都内の高級店などのメインディッシュに使われていることも多い食材

一本当たりの大きさも1kgくらいあるので食べ応え十分!

 

④骨付きカルビ

牛バラ肉の骨付き肉

焼肉屋でも定番の商品

脂身と赤身のバランスが絶妙です。

 

骨付き肉の種類(ラム肉)

 

①ラムチョップ

ラム肉といえばおそらくみなさんがイメージするのは

このラムチョップでしょう。

最近は少し高めのスーパーなどでもよく見かけるよになりました。

 

②ラムスペアリブ

ラムのバラ肉のスペアリブ

ラム好きの方にとってはおススメの一品

しかし食べれれる部分が少ないのがネック 。

 

いったいどこで手に入れればいいのか?

これらのお肉はどこで買えるのか?

通常は外食レストラン向けに卸をしている業者さんに依頼するのが

基本ですが、今はインターネットでも購入できます。

 

 

他にも近くに精肉店があるのであれば、相談してみてください

 

このような特殊なお肉は精肉店でも取り扱いがない場合がありますが、

あらかじめ予約をすることで手に入れることもできます。

もしくは肉の卸業社さんに直接連絡してみてもいいかも。

その際はきちんと個人で使用することや、BBQように使いたいということを

説明すればもしかしたらもっと面白いものを紹介してくれるかもしれません。

 

 

いろいろなお肉が売っているのでぜひ参考にしてみてください

 

最後に

お肉は国産が安全安心と言われていますが、

現在日本に輸入されているお肉はしっかりと検査されたものだけが

流通しているのでオーストラリア産やアメリカ産も安心して食べられます。

 

赤身のお肉を食べたい方はアメリカ産を選んだほうがいいです。

アメリカ産の肉のほうが肉自体に旨味があるためオーストラリア産よりもおススメです。

 

値段だけで選ぶならオーストラリア産でもいいと思いますが

 

その際は少し良い肉を選ぶことをお勧めいたします。

 

スポンサーリンク