30代からのお金の使い方。貯金だけで老後を過ごすには健康とやりがいが必要!

こんばんは。コロです。

スポンサーリンク

30代になると少しづつ考え始める老後。はたしていくらあれば老後の心配をしなくていいのだろうか?

 

老後に必要なお金はどれくらい?

世の中の平均的な数字から見てみよう。

まず、65歳~90歳まで生きるとすれば、年金収入以外に最低でも必要なお金な一か月で6万円くらい。なぜ6万円が必要か?

 

夫婦二人で受け取れる年金の金額は2016年の家計収支から推測される、月額で約19万円が平均とされている。

しかし実際には夫婦二人が標準的な生活をしていくには月平均で約25万円ほど必要となる。

 

このことからも年金以外に収入が6万円ないと厳しい生活が予測される。となると年間で72万円がたりないことになる。

もしも65歳でリタイアして90歳まで生きるとその期間は25年。毎年72万円がたりないにも関わらずそれを25年間(1800万円)も続けなくてはならない。

 

最低でも貯金が3000万円は必要!

 

この数字を見ると、途方もない気がするが、30歳からきちんと考えて貯蓄していくことで、決して不可能な金額ではないことがわかる。

さらにいうと3000万円という金額は、「安心して暮らすのに理想の金額」なので、これだけないとダメなわけではないです。

 

30代からはお金の使い方を見直すべき!

社会に出る時期は人によって違うが、高校卒業で会社に入社したとすると30歳までに約12年間もある。

大学卒業で入社しても8年もある。

 

大学から大学院に行くような方であれば一般的な人に比べて生涯年収が1億も差が出ることから貯金は必然と出来ることになるので特に不安は感じないだろう。

高卒で12年、大卒で8年も社会人として働き続けると必然的に企業の中で中間の位置になっているはずです。

真面目に働いていればの話ですが。。。

 

企業の中間社員となれば給料もそれなりで、20代の頃よりも使えるお金に余裕が出てくるので、

きちんと計画を立て、使い方を見直すことで貯金ができる。

 

家族を持つと貯金が難しくなる

当然の話ですが、自分一人で生活をしていくのであれば貯金も可能かもしれないが

30歳付近で結婚して子供がいる場合などは状況がかなり変わってくる。

 

その時にどのように収入と支出のバランスを保てるかがカギになる

スポンサーリンク

 

夫婦で共働きをしていればそれなりの収入が見込めるが、夫が一人で稼ぐとなるとそう簡単にはいかない。

これを理解していない女性はとても多い。自分は育児が忙しいと愚痴はいうが、夫が仕事の不満をこぼすと

その収入で何偉そうに!みたいなことを言われるケースは少なくない。

 

[adsense]

 

 

出来ることなら20代から少しづつ貯めておく

 

 

20代の時は遊ぶことに夢中で貯金なんて考えもしないが、仕事と同じでみんなが遊んでいるときに

頑張っている人は必ず後に差がでてくる。このことに若い時から気づいていれば老後も安心して過ごすことができるだろう。

今この記事を読んで少しでも老後に不安があると思うなら、今からでも遅くない。毎月5000円から貯金してみよう。

 

老後の人生を楽しく過ごす3つのステップ

やりがいを見つける ステップ1

歳を重ねると若い頃と比べて出来ることが減ると感じるかたもいるかもしれませんが、そんなことはありません。

逆に若い頃に出来なかった、長期旅行や趣味を毎日好きなだけ楽しむことができる。

だからやりがいのあることを今のうちに見つけておくことが大事です。

 

すぐには思いつかない方にアドバイスするとしたら、積極的に交流を持つことをすすめます。

子供の頃は友達も多く、いつも仲間といた方も年をとるとだんだん友達と呼べる仲間がいなくなり、孤独になってしまうパターンがある。

近隣の方々と少しでもコミュニケーションをとったり、地域のイベントや、習い事などで交流をすることで仲間を増やしましょう

 

健康を維持する ステップ2

毎日のジョギングや、休みの日の適度な運動を心がけるようにしましょう。

いくらお金があって、やりたいこともあるのに健康でなければ実行できなくなってしまいます。

日ごろから食事のバランスに気を使ったり、糖分を控えるようにすることで少しでも健康でいられるような体づくりが大切です。

これも出来るだけ若いうちから習慣にしておけば当たり前のように出来るようになります。

 

 

お金を有効的に使う ステップ3

お金も貯めるだけでなく、有効に使うことも大事です。

なんでもかんでもケチっていてはお金がかわいそうです。お金はきちんと使われることで喜びます。そして違う形で

貴方のところに戻ってきます。家のリフォームや、孫へのプレゼント、誰かが喜ぶことに使いましょう。

自己満足なお金の使い方も悪いとはいませんが、ほどほどにしておきましょう。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

老後って意外にお金がかかると思いませんか?

すべての方が同じように老後が不安になるわけではないと思います。

 

30代は社会人の折り返し地点でもあります。走り続けてばかりいないで、時には止まって空を見上げることで

いつもの自分とは違う景色が見えてくることもあります。

人生は歩き続けることだけがすべてではありません。

 

時にはゆっくりと紅茶でも飲みながら一息ついてみてはどうですか?

最後まで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク